スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道の日おめでとう!

うっかりしてましたが、14日は鉄道の日。
つまりはジュニアの誕生日だよね!おめでとー!!
……って、あれ?違うのかな?
何かその辺曖昧でごめんなさい……


ありがとうは次から次へと出てくるのです。

「カミプチ」主催者様、「メトロプチ」主催者様お疲れさまでした!
メトロは参加できませんでしたが、新刊はメトロ率が異様に高かったので、参加できたんじゃねーの?って話になりましたが、あくまで結果論なのでしょうがない。
カミプチさんのシールは周りの方々の協力もありまして、全種類集めましたよー!
主催者様の意図することではなかったとは思いますが、声かけ合ってみんなで分けあったりとかも凄く楽しかったです。
「○○さんのスペースにまだあったよ!」とか、「きゃー、それ下さい!」とか各地で起こってましたもの。
抽選etc参加できなかった企画もありましたが、とても楽しかったです。
何より、すごくお祭り気分で嬉しかったです。

辺境の地から叫ばさせて下さい。
ありがとうございました!!!


あとあと、アフターは突然押し掛けてしまったのにみなさん構って下さってありがとうございました!
Sうしさん幹事さん乙です!
フェイシャンは基本歌うの好きなんだなーって改めて思いました。
マイク占有率高すぎだったと反省…した!だが、後悔はしていない。
だって、そこにカラオケがあるなら歌わねばですよ、奥さん!←
最近原稿に追われ過ぎてたよ、うつたかうつソングとか京葉武蔵野ソングとか歌いたいよ、とダイイングメッセージのごとく呟いてみる。

あ、チームFは踊りませんので悪しからず。
カラオケ行くたびに言われるのは何ででしょうかね(苦笑)


そして、王国3日前くらいに突然「売り子やらんか」メールで呼び出された後輩Nちゃんに感謝を。
酷い先輩でごめんよ……君が居てくれて本気で助かった!



さきほど墨田さんがホラーだぜ!って送って来たメールに背筋が凍った。
冬コミの締め切りが、12月2日…だ、と……!?
そんな訳で、これから次の本頑張るよ…11月はすんません、ペーパーな予感です。
しかし、京葉武蔵野直通記念日だから何かやりたいんだけど…うーんうーん


さて、だから鉄道の日だって言ってるじゃん!って感じですが、続きに本当は無配に入れようと思って書いてた航空小話。
ページ数の都合と、雰囲気がちょっと違う気がしたので入れるのやめたのでした。
出てくるのは青い翼とCA(中国国際航空)です。

もう、なんだ。ハルオさんは鉄分も空分も足らないまま妄想垂れ流し過ぎなんだぜ。
今週末くらいにサイトをいじって、今度こそブログから移動させるぞー!(希望)



『十六夜』


――月明かり、照らす先。


「お、ちょうど良いところに」
「へ?」
振り向くと、抑えた色みの服とは正反対のやたら赤くてやたらデカイ袋をいくつも提げた男が立っていた。
中国国際航空の格好は民間航空のそれらしくないことしばしばなので、実は少し苦手な部分もある。
(……軍は、どうしても好きにはなれない)
彼は民間航空であるとは分かっているのだけれど。

「丁度良いって何が?」
「ほら、よ」
そう、疑問を呈したのに、返って来たのはその手に提げた袋のうちの一つだった。
「何だ、これ?」
しげしげと袋を眺めると、いかにも中国という感じのする赤い色をした袋に金色の文字が書いてある。
店の名前なのだろうか、只でさえ読みづらい字が更にくずしてあってうまく読めなかった。
彼らが使っている文字は、自分も使っている漢字とは到底思えないくらい文字として認識できないことが良くある。
ただ、そのうちの二文字だけは認識できた。

「つき…えーっと、月餅…?」
「そ。このままだと腐らせるだけだからさ、こうやって配ってる」
「そういや、前も貰ったことあったよな」
「そうだろうね。だって重陽はどんな年でも毎年来るから」
そうなのだ。彼から月餅を貰うのでは初めてではない。
言ってみれば中国のお歳暮やお中元みたいなものらしく、贈ったり贈られたりで、大量に手元に残ってしまうのだと聞いたことを今更ながら思い出した。
しかし、前に貰った時はこんなにゴっツい箱ではなかったような気が……?
「それ、いっちばん豪華なやつ持たせてやったから」
「と、何で?」
「ほら、日頃から世話になってるし。それに、全日空は二人分必要だろ?」
瞬間、パチリと瞬きをして見返した。
「二人分…って?」
「息抜きくらい、ちゃんと糖分は取った方がいいってこと」
普段あまり笑わない彼の笑顔に驚くとともに、ちょっと恥ずかしい気持ちになる。
これでも一人立ちして結構経ったと自負しているのに、たまにこうして言われるということは、まだまだそうは思われていないのかもしれない。

だけど、今はそれで良いのかもしれない。
少しでも、声をかけられる理由が手に入るのだから。
「……ありがとう」
「どういたしまして」
それにしたってやっぱり大きすぎる紙袋を受け取って、隣人へと手を振ると、少し離れた場所で今日も書類へ向かっているであろう日航の元へ歩き出す。


ふと見上げると、十五夜を過ぎて少し欠けた美しい月が、ただ静かに行く先を照らしていた。


----------------------------------------

CAの思い出は色々と尽きないので、また何か書ければ。
機内食とか機内食とか機内食とかに関することが多いんですが(苦笑)
全日空とコードシェアしてる便が多かった記憶があってこういうことに。
中国語だと国航って呼ぶみたいなんで、他の中国語圏が出てきたら呼ばせたいな!
中国国際航空って長いよ!

月餅が好きです。
個人的に抹茶味のが、好き!
しかし、一番ちゃんとした奴って中身があんこと塩漬け黄身(下手すると黄身×2)なので、日本人な味覚の二人にはもしかして不評だったんじゃないかと書いてから思いました。

“月が綺麗ですね”とかけた訳ではなかったのですが、結果的にそんな感じに……なってないな。
しかし、ハルオさんは基本的に、食い気>色気なんだってことがよく分かる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。