何を誰に謝ればいいのかもう分からない

カミプチ様のサークルリストが公開されて、そこから見に来てる方も多いんだろうな…と思いつつ、切り込み隊長ハルオ(って昨日言われた)は今日も元気です。

鉄道原稿もやってます!やってますが、何かすごく最近こう事故…じゃなかった(ある意味合ってる)自己発電が酷いです。
置く場所がないのに書いちゃったよ!みたいなああああああ。

日中で月餅ネタ小話は嫌がらせのごとく送りつけたのでいいとして、問題が航空でね。
とりあえず今日の某新聞の2面を気が付いたら切り抜きしていた自分に笑いがでるぜ!
爆発した。(私の萌え魂が)

置く場所ないので、緊急速報的なやつを下に投下。
後で引き上げに来る気がするけど、他に置くとこないから投下。
下手するとこの本文記事より短い気がするけど気にしない。

そんな訳で、緊急ニュースなDL(JALと提携しようとしてるところ)×NW(DLに去年の秋に食われました)。
「え、あのニュースでそこなんだ!」という突っ込みは既に自分でしている。
NWが個人的に好きなだけです、えぇ。
10月か11月でマイレージがDLに吸収されるってマジですか。

一応青い翼→赤い翼は鉄板なんだぜ!
あ、素敵な航空はリンクのはーさんのところからどうぞ。


『レッド・テール』


「行くの?早いね」

「あぁ、今日にも日本から到着する予定だから」
 ごろん、と寝がえりを打つと、肩越しに聞こえた声の主の後ろ姿が見える。
 ジャケットへ袖を通すまで見守ってから、そっと口を開いた。  

「日航は……」

「なんだ?」

「日航は、本当にいい子だよ」
 ネクタイを直していたデルタがこちらへ向き直る。

「何でも飲み込み、早かったし」
 今は成田のターミナルも分れてしまったが、国際線就航時から数えると、彼とはかれこれ60年以上の付き合いだ。

「すごく男前になったしね」
 片腕をベッドに立てて顎を支えながら、ふっと昔を思い出す。
 まだ、今目の前にいる彼と運命を共にするようになるとは、夢にも思っていなかった頃。
 これから世界へと飛び立とうとする若い翼だった日航が、今や老舗の一端だ。

「楽しみにしてろよ」
 さっきからずっと表情の硬かった彼が、そう言って目を細めた。

「そうしとく」 
 日航の幹部を迎えるべく飛び出したデルタをひらりと手を振って見送ってから、パタリと枕へと顔を埋めた。

(赤い色、残るといいな)

 激震と慌ただしさに揺れているであろうアジアの東端を思い浮かべてから、夢の底へと意識を手放した。

---------------------

11日夕方に副社長が日本をサンフランシスコに向かって飛び立った模様。
そして、赤い尾翼が続々と塗り替えられてるってのが、やっぱり私ちょっとショックだったんだぜっていうオチ。